会社紹介

トップページ>会社紹介

ごあいさつ

 弊社は、1990年4月に設立し、「TBS放送センター」が完成した1994年に「放送センター」を中心とした熱供給事業を開始しました。TBSが赤坂5丁目地区の複合都市開発を進めるにあたって「快適で安全、安心な都市環境」を実現するため、この地区の地域冷暖房システムを担う会社として操業を開始しました。2008年には赤坂の新たなランドマーク「赤坂Bizタワー」が完成。「赤坂アクトシアター」、「赤坂BLITZ」といった文化施設も新設され、様々なイベントを楽しんでいただくことができる広場機能を充実させたこの都市空間は誕生以来、TBSの文化・情報の発信基地『赤坂サカス』として、広く親しまれています。
 赤坂熱供給では、これらの建物・施設に冷暖房や給湯用の熱供給を行うために、Bizタワー地下3階に第2プラントを新設し、コジェネレーションシステム(CGS)2基を設置、蒸気を製造するとともに、発電した電力をBizタワーに供給しています。そして、2013年5月からは新たなお客様である「赤坂パークビル」への熱供給を開始しました。
 地域冷暖房は、二酸化炭素を削減し省エネルギーなシステムであることから、多くの再開発地区等で採用されています。さらには、東日本大震災等の大規模災害が発生したときの、BCP(事業継続)への対応が急務のなか、安全・安心で災害に強い地域冷暖房への関心がより高まっています。
 こうした状況を踏まえ、2018年には第1プラントの冷凍機を更新しました。赤坂熱供給はこれからも一層の省エネルギー化と二酸化炭素の排出抑制に努め、地域に貢献してまいりたいと考えております。

赤坂熱供給株式会社
  代表取締役社長
小玉 滋彦